バンビの住む世界にハートやお花模様を散りばめたカットソー 前と後ろで異素材の組み合わせがオシャレです。(販売店:ワンピース専門店 Cawaii)

フロント部分にバンビやハート、花柄などがデザインされていて賑やかな印象を受けるカットソーです。
賑やかなフロント部分とは対照的に、バック部分は無地でシンプルなデザインです。
フロント部分を後から貼り付けたようなリメイクっぽさも感じます。

サイズはL~LLに相当するサイズのワンサイズです。
以下が詳細な寸法です。
・肩幅:約44cm
・身幅:約52cm
・着丈:約65cm
・袖丈:約11cm
・アームホール:約42cm

素材は綿、ポリエステルで、生地の特徴としてはやや伸縮性があります。
透け感はあまり無いようです。

このカットソーの販売店は森ガールファッションのアイテムが充実している「ワンピース専門店 Cawaii」というショップです。


 二月の海浜は、まして避寒地として有名でもない外海の浜はさびれていた。佐和子は、妹と並んで防波堤兼網乾し場の高いコンクリートのかげで、日向ぼっこをしていた。正月に、漁師たちが大焚火でもしてあたりながら食べたのだろう、蜜柑の皮が乾からびて沢山一ところに散らかっているのが砂の上に見えた。砂とコンクリートのぬくもりが着物を徹していい心持にしみとおして来る。
「いい気持!」
「お母ちゃまもいらっしゃればいいのにねえ」
「……お迎えに行こうか」
「駄目駄目! どうせいらっしゃりはしないわよ、寒いって」
 ピーユ。ピーユ。口笛が聞えた。
「あら」
「呼んでらっしゃる」
 二人は急いで風よけの蔭からかけ出した。
「ピーユ」
「ここよ、ここよ」
 浜へ下りる篠笹の茂みのところに父の姿が見えた。
「こっちにいらっしゃーい!」
 佐和子は大きく手を振っておいでおいでをした。風が袂をふき飛ばした。晴子も手を振った。が、父は動かず、却ってこっちに来い、来い、と合図している。佐和子と晴子は手をひき合い、かけ声をかけて砂丘をのぼって行った。
「何御用」
「Kへ行きませんか」
「行ってもよくてよ」
 Kは九八丁距たった昔からの宿であった。
「電報を打たなけりゃならないから」
「じゃちょうどいいわ」
 晴子が勢こんで手を叩いた。
「お姉ちゃま、晩の御馳走買って来ない?」
「よし! じゃ行こう」


リンク
<カラコン>
カラコンは使用後のお手入れ不要なワンデーカラコンがおすすめです。
人気のワンデーカラコン 度入り
おすすめのワンデーカラコンが紹介されているサイトです。

<脱毛>
脱毛サロンに通うのに抵抗がある人も自分で脱毛することができます。
脱毛 自分でできる?
自分でもできる脱毛の方法が紹介されています。

小田急線本厚木駅から徒歩圏内の脱毛サロンについて。
厚木 脱毛 おすすめ
本厚木駅から近い海老名駅付近にあるミュゼも紹介されています。